ツーランクアップ 人の手モデリング機能

画面キャプチャ:人の手モデリング機能

地域特性を組織の共有化や、熟練者・経験値の計画技術をモデリング

ゴールのモデリングのシクミも、カテゴリ区分で地域特性を柔軟に反映。特にシフトを埋めるだけではなく、時間帯毎に役割の配置をチーム構造としてモデリングすることもできます。
役割のスキルとチームの協力体制がマルチスキル化を促進します。

\ モデリングとは /

知識と経験則のノウハウ
形式知として体系化し
承継を安易に共有化すること

人手不足の具体的店舗運営のオペレーション方法をモデリングする。

不公平を防止する平準化。更に、上記多様な働き方人事戦略をモデリング化。
(上記❶~❼ご参照願います)

チームをモデリングする。

  • スキルで役割を定義し、スキルの人がだれが出勤しても役割ができるため、ポジションごとに働く時間帯毎でチームを作ることができます。時間帯毎にチームリーダーも配置できます。
  • 短時間勤務者を先に作業に配置し、熟練者や社員を空いた時間に配置することで重要な作業に時間を創れます。
  • 熟練者や社員を先に配置し、次に短時間勤務者を配置することでプレイングマネジャーの配置や人材不足時の配置ができます。

営業PR、求人募集の会社PRとして多様な働き方を独自運営方法の優位性とする戦略。

だから創れる平準化を標準化する
ゴールのモデリングのシクミ。

TOPページへ戻る